エンジンがかからない、エンプティランプ(給油ランプ)が点灯しない

いつも野村自動車一里山のブログをご覧いただき誠にありがとうございます。先日とある車両が入庫しました、突然走行中にエンジンが停止してしまったとの事です。その後もエンジンがかからずレッカーにて入庫しました。


結論から先にお伝えするとガス欠によりエンジンが停止してしまったのです。しかしながらエンプティランプ(給油ランプ)も点灯しておらず、2目盛り残っていました。謎ですよね?



リフトにかけ下から確認してようやくわかりました。ガソリンタンクが下から突き上げられたことにより運悪くガソリンの量を計測しているフローターの可動範囲がへこんでしまったのです。ですのでエンプティランプ(給油ランプ)が点灯しないままガス欠してしまったのです。



ガソリンタンク エンジン始動不良修理
ガソリンタンク

ガソリンタンク エンジン始動不良修理 交換
ガソリンタンク

ガソリンはタンク内をフローターという部品がプカプカ浮くことにより残量を計っています。今回はたまたま凹んだ部分にフローターが上陸してしまい、常にガソリンが残っていると判断していたわけです。こんなこともあるんですね。私たちも勉強になりました、タンクを交換し無事解決致しました。




閲覧数:42回0件のコメント